6月30日(水)第6校時に3年生の薬学講座を行いました。

裾野警察署スクールサポーター小野様より薬学に関するお話を聞きました。保健委員や3年部職員によるロールプレイも行いました。薬物や薬物依存の恐ろしさを映像で見て、1回でも行うことの恐ろしさを感じていました。

 

 

 

 

 

 

生徒の感想を掲載します

薬物を乱用すると、自分だけでなく周りの人にも影響があることを知り、とても恐ろしいことだと思いました。薬物乱用は「1回だけなら大丈夫だろう」という思いや友達から誘われるなどの小さなことから始まってしまいます。今回の授業で学んだことを大切にし、薬物に手を出すことがないようにしていきたいです。

 

県内でも薬物所持者、および使用者が多く逮捕されていること知りました。薬物の危険は身近に潜んでいることを知りました。また、薬物使用者の再現DVDを見てその人物が「日本の人口衛星が俺を狙っている」などというはたからみたらおかしくても自分が薬物を使用したらそんなことを言ってしまう。改めて薬物は怖いものということを実感しました。

カテゴリ:お知らせ