校訓

「自律・創造」

学校教育目標

友愛・挑戦・感動
−さわやかな挨拶・みずから鍛え・努力でつながる仲間・凛々しい北中生−

学校経営理念

「大切な自分・友達(人)」
自尊感情・他尊感情の育成

学校経営目標
「チーム北中」による温かい学校づくりの推進
~学校運営協議会・地域学校協働本部=地域との信頼関係を築く連携と協働~

指導の重点

「主体的にT(時を守り)P(場を清め)R(人を敬う‥挨拶、丁寧語等)」

教育の重点(3つの矢)

  1. 授業づくり…「主体的・対話的で深い学び」の授業改善と新学習指導要領全面実施への対応
    ☆「授業がわかる」と感じる生徒 85%(※参考R2 83%)

    • 主体的・対話的で深い学び(新学習指導要領への対応)
    • 表現力を伸ばす
    • 積極的な読書活動の推進
    • 家庭学習の充実
    • 沼津高専との連携
    • GIGAスクール構想の推進【新規】
    • 主体的なTPR実行支援
  2. 安心・安全な学校づくり
    ☆「学校が楽しい」と感じる生徒 95%(※参考R2 92%)

    • あいさつ
    • 所属感や連帯感、自己有用感を育てる学級・学年経営
    • 安心できる人間関係の中で、のびのびと自分の考えを表現し、行動する生徒
    • 硬軟両面をもち、生徒と教師の心が通い合う生徒指導
    • 自治力がつき、活力あふれる生徒会活動の支援
    • 生徒の生きがいにつながる部活動への適切な支援
    • 家庭・地域との相互理解に基づいた連携
    • 主体的なTPR実行支援
    • コロナ禍への対応とメディア(SNS)の扱い方
  3. 「生きる力」を育むキャリア教育の充実
    ☆「夢や目標がある」と答える生徒 80%(※参考R2 74%)

    • 自分の心身の健康を見つめ、セルフコントロールできる生徒
    • 他者の個性を尊重し、自己の個性を発揮しながらコミュニケーション能力を高める。
    • 夢や希望をもって、未来の生活や生き方を考え、自己の将来を設計する。
    • 学ぶことや働くことの意義や役割を理解し、広く情報を求めて進路選択を行う。
    • 課題や葛藤を乗り越え、指導・助言を得て、自らの意思と責任で進路を選択し決定する。